【bloomeeの楽しみ方】スワッグを作ってみよう【簡単ドライフラワー】

花好きのクマ

そういえば最近、花のサブスクリプションのbloomeeは楽しんでる〜?
楽しんでるよ〜 飾っていた花が終わってもスワッグ(壁飾り)にしたりできるから二度楽しめるよ

花屋のウサギ

花好きのクマ

おお〜 そういった楽しみ方もあったか〜 どんな感じでやるのか教えてよ〜

お花の定期便で飾ったお花を長く楽しみたい

 

ドライフラワーにして飾れるのかな?

上記のように思われる方に役立つ記事になっています。

お花の定期便(サブスクリプション)の楽しみ方は色々ありますが、飾った後もお花によってはドライフラワーにしてまた違った形で楽しむことができますね。

ドライフラワーは生花のようなみずみずしさなどの新鮮な状態を維持することはできないのですが、味のあるインテリアフラワーとしても楽しむことができます。

今回はbloomeeで届いた花のみでミニスワッグを作っていきたいと思います。

bloomeeの花だけで小さめのスワッグを作ってみよう

bloomeeで届いたお花を使ってもう一度楽しんでいきたいと思います。

今回の花材一覧

スワッグ用の花材

左からコットンツリー・かすみ草・スターチス(イエロー・ピンク)

今回私の場合、bloomeeの体験プランに入っているので、体験プランで送られてきた花のみでスワッグを作ってみようと思います。

上記のお花(コットンツリー を除く)はハンギング法(壁にぶら下げて吊るしてドライフラワーにする方法)で2週間くらいで作った花です。

ドライフラワーを作る方法のタイトル画像【作り方】ドライフラワーを作る方法【簡単な方法】

早速ミニスワッグを作っていきたいと思います。

まずはスターチスのイエローを2本に枝分けしたうちの長い方の1本を用意します。

そしてかすみ草も2本に枝分けして、スターチスの左右に三角形になる感じで交差するようにセットします。

次に、ピンクのスターチスの枝を2本にわけたものの1本を左側のかすみ草の上にセットしていきます。

反対側にもう一本のピンクのスターチスをセットします。

そして、三角形の真ん中にコットンツリーをセットします。

最後にイエローのスターチスをコットンツリーの下の方に持ってきて、全体的に微調整して輪ゴムや麻紐で茎を括りつけます。

花好きのクマ

小さいスワッグできた〜♪

なんか色々作ってみるのも楽しいね〜

bloomeの花材だけで作ったミニスワッグ

麻紐をフックなどにぶらさげてスワッグの完成です。

花瓶にドライフラワーを入れてそのまま飾ることもできます。

しばらくの間、色あせることなく飾って楽しむことができますね。

定期便のお花は丈が短いものが多いですが、十分楽しむことができます。

今回使った花材はもともとドライフラワーになりやすいものばかりですのでオススメです。

まとめ:お花の定期便で届いたお花を2度楽しもう!

今回は便利なお花のサブスクのbloomeeをもう一度楽しむ方法を紹介してきました。

お花を一回楽しんだ後も、ドライフラワーにしてスワッグなどにして飾り楽しむことが出来るのでコスパが良いですね。

ドライフラワーの作り方はドライフラワーを飾ろうの記事を参考にしてみてください。

ドライフラワーを作る方法のタイトル画像【作り方】ドライフラワーを作る方法【簡単な方法】

ぜひお花のサブスクなどで飾っているお花を、スワッグにしたりともう一度楽しんでみてください。

 

\ ポストに届くお花の定期便 /
Bloomee LIFE(ブルーミーライフ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。