【やり方】サボテンを水耕栽培で楽しもう【オシャレ】

水耕栽培に興味のあるクマ

サボテンをガラスの瓶とかに入れてオシャレに飾りたいな〜
サボテンも花瓶とかに根だけ入れれば飾ることができるよ

水耕栽培っていうんだよ〜

花屋のウサギ

水耕栽培に興味のあるクマ

おお〜 前から興味があったからこの際教えてよ〜

 

サボテンを水耕栽培にする方法について執筆していきたいと思います。

 

水耕栽培をすることによって、部屋の中を清潔に保ち、虫がつきにくくなり、水やりのタイミングを失わなくてすむようになります。

 

オシャレな感じを演出することもできるので、早速サボテンを水耕栽培にして楽しんでみましょう。

 

サボテンを水耕栽培にして楽しむやり方

まずはサボテンを用意します。

今回はキンエボシ(ウチワサボテン)を育てていきたいと思います。

サボテンの種類については自分好みのサボテンを飾ろうの記事を参考にしてみてください。

まずはサボテンの土が乾くのを待ちます。

サボテンの土が乾いたら土をほぐしながら、ビニールポットから引っこ抜いて土を落とします。

この時にビニール袋の上で土を取り除くと、机が汚れなくてすみます。

土がある程度取れたら、根を水洗いして綺麗にします。根を水洗いする時にいらない歯ブラシなどがあると汚れが取りやすいです。

土を取り除いたら、サボテンの根を半分くらいカットします。

今生えている根は、水耕栽培用ではない根なのでカットしていきます。

カットすることにより、サボテンの水耕栽培用の根が早く出てきます。

根をカットしたサボテンを新聞紙などにのっけて涼しい場所に置いて、2〜3日寝かせて乾燥させます。

寝かせることでより育成を促進することができます。

そしてちょうど根が入る瓶を用意します。普通の花瓶でもなんでも、根だけが水に浸かれば良いです。

このままでも良いですが、

ゼオライトを入れた花瓶(青い石)

 

この時にゼオライト(根腐れ防止剤)を入れると根が腐りにくくなります。

 

ゼオライトはカラー(色)も豊富に出回っているので、好きな色を入れて楽しむことができます。

 

今回はゼオライトの色を水色にして、海や空をイメージしました。

 

根腐れ防止剤は花瓶の底が埋まるくらい入れれば大丈夫です。

 

そして根の3分の1くらいまでを水を入れて出来上がりです。

サボテン本体に水が浸かると腐ってしますので根だけが浸かるようにセットしてください。

おおよそ2〜3週間くらいで新しい根が徐々に生えてくるようになります。

根を見て育成を観察できるので、アクアリウムのような感覚で楽しむことができます。

水耕栽培のサボテンの置き場所

直射日光を避けた場所に飾ってあげます。瓶だと水分が上昇しやすいので半日陰に飾ってあげます。

水耕栽培のサボテンの手入れ方法

水かえは1週間に1回くらいのペースで行います。水が減ってきたら根が水に浸かるように足してあげましょう。

花瓶で水耕栽培するサボテン

 

サボテンを水耕栽培で育てることで、どこか幻想的な雰囲気に癒されます。

水耕栽培を覚えたクマ

サボテン本体も根も楽しむことができるなんて一石二鳥だよ

まとめ

 

今回はサボテンを水耕栽培にする方法をご紹介させていただきました。

 

水耕栽培は思ってたほど難しくないですね。

 

オシャレで虫もつきにくくなり、部屋を清潔な状態に保つことができるので、ぜひ、サボテンの水耕栽培を楽しんでみてください。

 

 

\オシャレな観葉植物が送料無料/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。