【2022年】お彼岸にオススメのお花や過ごし方・いつ?【3月・9月】

お彼岸のタイトル画像

花好きのクマ

お彼岸のお花ってのイメージだよね 菊だけだと少し寂しいから他に入れるなら何がいいのかな?
菊がメインだけどスターチス、トルコキキョウ、リンドウなんかも定番のお花だよ

花屋のウサギ

花好きのクマ

そうなんだ〜 たしかに仏花とかの束も色鮮やかだもんね

今回はお彼岸や、お彼岸で使用されるお墓参りなどに使えるおすすめのお花について執筆していきたいと思います。

お彼岸にオススメのお花の種類【お墓参り・お供え】 

 

お供えやお墓参りに行く時のお花は、トゲや毒などがない花を持っていくのが主流です。

 

お花屋さんで売られているバラなどのトゲがあるものは、避けた方が無難です。

 

花がよくわからない場合は、長持ちする輪菊(リンギク)などの菊類が、お墓参りやお供え用として定番なのでオススメです。

 

輪菊は、白色、黄色がよく出回っていて、赤色の菊もあります。

 

お供えなどでは、初七日や四十九日前までは、基本的に白のみのお花で供えるのが無難ですが、寂しい感じになってしまうので淡い緑色、水色、紫色を添えたりもします。

 

私がお供え用のお花を作った体験として、菊以外によく添えるお花としては、淡いグリーン、淡い紫色のトルコキキョウ、淡い水色のデルフィニウム、淡いグリーンのカーネーション・スプレーカーネーションを入れて束を作っていました。

 

上記の淡い感じのお花だとメインの白いお花より目立たず優しい感じで束になじんでまとまりが出ます。 

 

そして、四十九日以降に徐々に色を入れるイメージです。

 

花屋などでは、仏花・和花などのセットの花束として売られています。

お墓参りにいく時は、対で購入されると思うので仏花・和花などのセットの花を2束購入しましょう。

 

仏花(ぶっか)とは?

仏花(和花)とは仏様用のお花です。

花屋さんや、よくスーパーの入り口付近やレジ周りなどの3段ラックに飾られているお花ですね。

大体の仏花は、輪菊を中心に、小菊・カーネーション・スターチスなどが入ってセットの束になっています。どれも日持ちするお花です。

仏花のお花の種類

春のお彼岸の仏花

春のお彼岸の仏花では、啓翁桜菜の花フリージアスイートピー、ユリ、スプレーマム、ピンポンマム、カリメロ、キンセンカ、トルコキキョウ、金魚草、ストック、スプレーストック、カーネーション、スプレーカーネーションなどがセットでよく売られています。

秋のお彼岸の仏花

秋のお彼岸の仏花としては、リンドウキキョウワレモコウなどが菊類やユリ、スターチス、トルコキキョウ、カーネーション、スプレーカーネーションなどとセットの束になっていることが多いです。

主に、菊類(輪菊、小菊、スプレーマム、ピンポンマム、カリメロ)+ 季節のお花でまとめられています。

春のお彼岸におすすめの季節の花は、香りが良いフリージア、スイートピーや啓翁桜、菜の花です。

秋のお彼岸におすすめの季節の花は、リンドウ 、キキョウ、ワレモコウです。

上記の季節の花をメインの菊に混ぜるだけでそれぞれの季節感がでます。

菊類などの長持ちする和花が無難ですが、最近では洋花だけでまとめられる方も多く、日持ちがしなくても故人が好きだった花を飾る場合もあります。

洋花で飾られることが多い花としては、トルコキキョウ・カーネーション・スプレーカーネーション ・かすみ草・ユリなどです。

トルコキキョウやユリを入れるとボリュームが出て立派な感じの束になります。

ユリは豪華で見栄えは良いのですが、大きめのオリエンタルリリーなどの種類は甘い香りが強いので好みが分かれます。香りがあまりしない方が良い方は、鉄砲ユリ、スカシユリなど小ぶりなユリが無難です。

家でお花を飾られる方で、花専用のハサミなどがない場合は、部屋に花を飾ってみませんか?の記事を参考にしてみてください。

2022年のお彼岸はいつ?

お彼岸は、春と秋とで年に2回あります。

3月の春分の日と、9月の秋分の日中日(ちゅうにち)として、前後の3日を合わせた7日間になります。

【2022】春のお彼岸は3月18日(金)〜3月24日(木)

  • 彼岸入り 2022年3月18日(金)
  • 中日(春分の日)2022年3月21日(月)
  • 彼岸明け 2022年3月24日(木)

【2022】秋のお彼岸は9月20日(火)〜9月26日(月)

  • 彼岸入り 2022年9月20日(火)
  • 中日(秋分の日)2022年9月23日(金)
  • 彼岸明け 2022年9月26日(日)

お彼岸にすること

お彼岸は先祖様や自然に感謝する行事で、お墓参りにいったり、お仏壇の掃除やお供えを自宅でします。

お花線香に、春のお彼岸はぼた餅、秋のお彼岸はおはぎをお供えして感謝の気持ちを伝えます。

それに故人が好きだった食べ物なども一緒にお供えをすることもあります。

 

お彼岸に用意するもの

・お花

・線香

・ぼたもち(春)・おはぎ(秋)

 

まとめ:お花を飾って感謝の気持ちを伝えましょう

今回はお彼岸や、お彼岸のお供え・お墓参りなどに使えるオススメのお花についてご紹介してきました。

お彼岸は、先祖様や自然に感謝をする行事です。お墓参りや、お供えでご先祖様に感謝の気持ちを伝えたいですね。

お墓参りやお供えなど、春・秋の旬なお花を選んで贈ったり供えたりしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。